スクール

開催日

★パイロット養成コース(飛行許可申請+

ドローン損害賠償保険付)

ドローンを飛ばすならまずはこれ!基礎を学んで飛行許可申請を提出しよう!

JMA認定ドローンスクールメニューで基本となるコースです。学科では、無人航空機に必要な法規、法律を学習していただき、実技では、中型ドローンを使った操作方法を実践学習していただきます。初めての方も、飛行経験がある方も、JMAインストラクターがしっかり指導いたしますので安心です。取得ライセンスは2つになります。また飛行許可申請とドローン損害賠償保険(※1)もセットになっています。

ドローンを飛行させるのに全てが揃った、安心、お得なメニューとなっております。

・取得ライセンス

「JMA無人航空機技能認定」

「JMA無人航空機安全管理者」

・実技時間:2日間

​・金額:150,000円(税込165,000円

 

※お一人からでも受講可能です。個別に日程調整しますので、お気軽にお問合せください。

 


 ーパイロット養成コース受講終了の方にはー
★ICTドローン導入コース

JMA無人航空機技能認定取得後から参加できる中級者コース

現在国が掲げるI-Construction推進に向けたロードマップ(案)では、全ての建設生産プロセスで ICTや 3次元データ等を活用し、2025年までに建設現場の生産性2割向上を目指すことが推進されています。

この『ICTドローン導入コース』は、そうした国の動きを見据え、ドローンの産業を促進するために、ドローンを利用した ICTの活用と導入に向け写真測量、調査、ドローン見積の分野で役立てれる教育プログラムです。

・取得ライセンス

「ICTドローン導入コース修了証」

・実技時間:6時間

​・金額:50,000円(税込55,000円


★農薬散布ドローン導入コース
JMA無人航空機技能認定取得後から参加できる中級者コース

農林水産省の基本政策に挙げられているスマート農業において、生産性の向上を図るため農業用ドローンの普及拡大の取り組みが行われています。

「農薬散布ドローン導入コース」は、農業の生産性向上を促進するため農業用ドローンを活用した、農薬散布の基本を一から学べるベーシックプログラムとなっています。

・取得ライセンス

「農薬散布ドローン導入コース修了証」

・実技時間:6時間

​・金額:50,000円(税込55,000円

●高知校

座学会場:〒781-0803 高知市弥生町1-1シルキービル2F キッズプログラミングラボ知寄町教室

​           ※駐車場はありません、近隣のコインパーキング等をご利用ください。

実技会場:〒781-8101 高知市高須砂地155 CHRESセリーズ内グラウンドor体育館(雨天時)

●須崎校

座学会場:〒785-0005 須崎市東古市町2-2 すさきまちなか学舎内

​           ※すさきまちなか学舎契約駐車場をご利用いただけます。

実技会場:須崎市内

※この講習はDRONE STATIONが一般社団法人日本マルチコプター協会の認定を受け、省令で定められた時間・内容の授業を行うものです。


 

◆受講申込について

 上記お申し込みボタンより申込フォームへ入力お願いいたします。

◆日時・時間割・会場について

  1. 日時・時間割・会場についてはご参照ください。

  2. 会場についたらまず受付を済ませ、席にお着きください。席に着きましたら配布物に漏れがないか、ご確認ください。

  3. 修了試験は座学と実技の2科目です。

  4. 遅刻・早退・欠席をされると修了試験を受けることができませんので、充分にご注意ください。

◆受講料について

 開催日前日までに受講料を下記口座までご入金お願いいたします。(他の決済方法ご希望の場合は別途お申し付けください)

 高知銀行ちより街支店 普通口座 0625041 ヤノトシカズ

◆当日持参するもの

  1. ノート・筆記用具(鉛筆(シャープペン)・消しゴム・黒のボールペン等)

  2. サングラス(実技会場が屋外の場合)

  3. 帽子(実技会場が屋外の場合)

  4. タオル

  5. 水筒(水分補給の為)

  6. 防寒着

座学・学科講習

・無人航空機の基礎知識
・航空力学
・関連法令
・安全運行管理
・DJIGOアプリの操作設定
・座学試験

実技・操縦訓練

・基本操縦操縦
・GPS環境下外の訓練
・モニターを使用した目視外操縦飛行訓練
・DJIGOアプリの操作実践応用
・フェイルセーフ実地訓練
・機体整備点検
・実技試験

shape

国土交通省の全国包括申請について​

国土交通省の全国包括申請で許可を得ることで、航空法に定める飛行機が禁止の空域を飛行することが可能になります。また、同法に定める飛行に承認が必要となる飛行方法についても可能になります。また、申請にあたっては保有ドローン機体番号と認定証との紐付け登録が必要となります。

飛行の許可が必要になる空域

◎空港等の周辺上空の空域
◎人口集中地区の上空
◎150m以上の高さの空域

承認が必要となる飛行方法

◎夜間飛行
◎目視外飛行
◎人や建物等と30m未満の飛行
◎イベント上空飛行
◎危険物輸送
◎物件投下

JMACLUBについて

国交省の全国包括申請は1年毎に更新が必要です。それに伴い「JMA無人航空機認定証」を1年毎に更新いたします。

「JMACLUB特典」としてドローン損害賠償保険(※1)・更新手続き・更新認定証発行・追加機体登録など各種手続きを代行いたします。
初年度無料|2年目以降16,500円(税込)

※1 ドローン損害賠償保険

   ドローンの事故(業務中の事故のみ補償)により、第三者に対して負担する法律上の賠償責任を補償するサービスです。

   支払限度額(1会員につき):1事故・期間中 身体・財物共通1000万円

​   免責金額:なし